SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

社長のひとりごと

サプリメント・マカ通販 トス・インコーポレーション
やりたいなら、やろう!
0
    皆様


    今日もブログをお読みいただきありがとうございます。
    (株)TOSの平です。


    大きなビジョンを作ろうとしたとき
    こんな質問を無意識にしてしまいます。


    「できることは何か?」

    「できるだろうか?」


    もしその質問に対して
    「YES」だったとしても
    それは大きなビジョンではありません。

    心からワクワクするような
    ビジョンではなかったりします。

    24時間やってても楽しいビジョンでしょうか?


    できることは
    想像できる現状の延長線上でしかありません。

    ある大成功者から教えてもらった
    この言葉を肝に銘じて欲しいです。


    =====================================

    ビジョンは
    想像できないくらいで丁度いい

    ====================================

    逆に言えば、想像がつくビジョンなんて
    ビジョンではありません。



    僕の例でいえば、ビジョンを実現するために
    10年くらい前からある分野の優秀な研究者との
    出会いを探していました。

    探せるか探せないかといえば
    その時点では全くあてもありませんでした。

    どうやって探せるかも
    よくわかりませんでした。

    しかし、3年後出会うことが
    できたのです。


    「なぜ出会えたのでしょうか?」


    出会えるか?と質問したら
    答えは想像もつかないわけですから
    答えは当然「NO」です。


    あきらめていました。



    ですが、

    「出会いたい」とだけは強烈に
    思っていました。

    ただそれだけです。

    当然、すぐに出会うことはできませんでした。

    ある日突然出会えることができる
    ようになったのです。

    先月も35年間思い続けた人物とお会いすることができました。
    ビートルカスタムで、世界的に有名な「フラット4」の小森社長です。
    しかも、ご自宅に招待されました。


    この出会いも不思議な出会いです。


    「できるか?」ではなく


    「やりたいか?」で判断しましょう!




    今日もビジョンに生きる
    TAIRA OSAMU


     
    | - | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    世の中にないもの!
    0
      今日もブログをお読み頂きありがとうございます。
      (株)TOSの平です。

      井村屋のあずきバーを食べたこと
      ありますか?



      あのあずきバーは、
      なんと40年売れ続けるロングセラー。

      年間77億円売っているといいます。


      昔は普通のアイスクリームを
      作っていて、会社は苦戦していました。


      「ありきたりな商品ではダメだ。

      井村屋らしいアイスを作らないと」


      その後苦労の末、「あずきバー」を
      開発できたのです。


      創業者の井村さんは生涯このように
      訴え続けました。


      ===============================

      人のしないことをする。
      ないものをつくる。
      これが商売の基本だ。

      ===============================

      いいものを作れば売れるというのではない。

      みんないいものを作って売って喜ばれたい。

      (中にはそうではない人もいますが・・・)


      でも、たいてい社長などがいういいものとは
      効果の方の話。


      青汁があったとします。

      すると、飲んでみればわかりますが
      うちはもっとおいしい、体に効果の
      ある青汁を作りました。


      化粧品だったらうちの化粧品は
      使ってみればわかりますが、
      効果があるんです。


      何が問題なのかというと

      「使ってみれば・・・」

      ということ。

      ビジネスで一番難しいのは
      使ってみてもらうこと。


      使ってみなければ
      わらからないような商品は
      あまり売れないのが現実。



      みんな効果がある、いいとか
      いいます。

      うちの商品は効果ないんですよね〜

      なんて言わない。


      だから、

      買う前に欲しいと思わせる力



      買ってよかった思ってもらえる力


      この両方が必要。

      車でいえば前輪と後輪。

      前輪だけでも走らないし、
      後輪だけでも走らない。


      繰り返しになりますが
      多くの人がいういい商品とは
      買ってよかったと思って
      もらえる力の方。

        だからこそ、

      売れるのではなく、
      売れ続ける商品やサービスを自社に
      1つでも2つでももちたいのであれば
      井村さんの訴え続けた言葉を
      何度も何度も読んで

      ・買う前に欲しいと思わせる力

      ・買ってよかったと思ってもらえる力


      この両輪を高めて行く事が、大事です。

      今日もビジョンに生きる
      TAIRA OSAMU

       



       
      | - | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      頭の中を切り替えたら楽しくなった!
      0
        今日もブログをお読み頂きありがとうございます。
        (株)TOSの平です。

        頭のいい人。

        頭のいい人とはどんな人でしょうか?

        世間一般の頭のいい人とは、


        ・勉強ができる

        ・学歴が高い

        ・頭の回転が速い

        ・問題解決の能力がある

        ・論理的な思考ができる

        など、こんな感じでしょうか?


        僕も一生懸命、頭をよく見せようと
        していました。

        子供の頃からあまり
        勉強ができなかったので
        そのことがコンプレックスでした。


        なので、頭がいいなぁと思う人に
        憧れをいだいていた時もあります。



        僕は世間一般でいう頭のいい人に
        なることを捨てました。


        その言葉がこれです。


        イエローハット創業者の
        鍵山さんの著書に書かれていた言葉です。



        頭のいい人とは


        ===================================
          いいことを考えて
        実行できる人
        ===================================
         
        いいこととは、
        自分にとっていいことではありません。

        人が喜ぶことです。

        人が喜ぶことを考えて実行できる人が
        本当の意味での頭のいい人。


        まだまだできていないので
        偉そうなこと言えません。


        ですが、できていなくても
        ぜひ伝えたかったので書きました。



        成功者はいつの時代も夢を追いかけています。

        世の中を変えて、多くの人たちに喜ばれる。

        こんな面白い人生は最高ですね!

        今日もビジョンに生きる

        TAIRA OSAMU。

         
        | - | 03:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        成功製品のコンセプトが勝利の鍵!
        0
          今日もブログをお読み頂きありがとうございます。
          (株)TOSの平です。

          よくある会話。


          この商品はコンセプトがいいよね。

          この商品はコンセプトがわかりやすいよね。

          ・・・・

          マーケティングを勉強している人なら
          コンセプトがとても大切なことは
          わかっています。

          ですが、いったい
          商品コンセプトって何なのでしょうか?


          「商品コンセプト」

          この言葉一つにも人それぞれ
          思っていることが違います。


          店にも会社にもコンセプトはあります。


          会社を成長させるために
          どんなことよりも大切です。


          優れた人材も、優れたマーケティングも
          優れたコンセプトには勝てません。


          では、いったい、

          日常で何気なくわかっていようで実は
          いない、そのコンセプトって何なのでしょうか?


          僕が思うコンセプトとは・・・

          =================================
          買う前に欲しいと思わせる力・・・です。
          =================================


          商品やサービスはすべて使ってもらうまで
          いいのかどうかわかりません。

          どんなにこの商品いいよと言われても
          使ってみたり、食べてみたり、体験したり
          してみなければわかりません。


          採用でも同じです。
          応募者からすれば働くまで
          どんなに会社がとてもいいよと
          働いてみるまでわからないのです。



          お客様は自分の悩みや不を解決して
          くれるかどうかなどが不安になります。


          そんな不安な気持ちを超えて
          使ってもらわないといけないのです。


          その時、


          【 買う前に欲しいと思わせる力 】


          がとても大切です。

          我々の創り出す製品は、サービスには

          欲しい

          行きたい

          受けたい

          力があります。


          この製品は業種問わず必要です。


          成長する我々には必ず
          この力があります。


          もしも、

          買う前に欲しいと思わせる力

          をつけたい。

          と思われる方には
          弊社の勉強会を4月に開催します。
          是非参加してください。


          「買う前に欲しいと思ってもらう」
          製品コンセプト作りは、
          経営者がやるべき一番大切な仕事です。



          「買う前に欲しいと思ってもらう」
          コンセプトを作り、製品やサービスを作ること
          こそが顧客の創造につながるからです。



          是非多くの人たちに参加してほしいです。


          トップが日夜脳がちぎれるくらいまで
          考えて作ろうとする姿勢がとても大切です。

          トップが、製品コンセプトを理解すると
          飛躍的に業績が上向きます。

          どんな人たちも欲しがる製品を扱えることが成功の秘訣です。

          今日もビジョンに生きる
          TAIRA OSAMU







           
          | - | 04:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          成功製品のコンセプトが勝利の鍵!
          0
            今日もブログをお読み頂きありがとうございます。
            (株)TOSの平です。

            よくある会話。


            この商品はコンセプトがいいよね。

            この商品はコンセプトがわかりやすいよね。

            ・・・・

            マーケティングを勉強している人なら
            コンセプトがとても大切なことは
            わかっています。

            ですが、いったい
            商品コンセプトって何なのでしょうか?


            「商品コンセプト」

            この言葉一つにも人それぞれ
            思っていることが違います。


            店にも会社にもコンセプトはあります。


            会社を成長させるために
            どんなことよりも大切です。


            優れた人材も、優れたマーケティングも
            優れたコンセプトには勝てません。


            では、いったい、

            日常で何気なくわかっていようで実は
            いない、そのコンセプトって何なのでしょうか?


            僕が思うコンセプトとは・・・

            =================================
            買う前に欲しいと思わせる力・・・です。
            =================================


            商品やサービスはすべて使ってもらうまで
            いいのかどうかわかりません。

            どんなにこの商品いいよと言われても
            使ってみたり、食べてみたり、体験したり
            してみなければわかりません。


            採用でも同じです。
            応募者からすれば働くまで
            どんなに会社がとてもいいよと
            働いてみるまでわからないのです。



            お客様は自分の悩みや不を解決して
            くれるかどうかなどが不安になります。


            そんな不安な気持ちを超えて
            使ってもらわないといけないのです。


            その時、


            【 買う前に欲しいと思わせる力 】


            がとても大切です。

            我々の創り出す製品は、サービスには

            欲しい

            行きたい

            受けたい

            力があります。


            この製品は業種問わず必要です。


            成長する我々には必ず
            この力があります。


            もしも、

            買う前に欲しいと思わせる力

            をつけたい。

            と思われる方には
            弊社の勉強会を4月に開催します。
            是非参加してください。


            「買う前に欲しいと思ってもらう」
            製品コンセプト作りは、
            経営者がやるべき一番大切な仕事です。



            「買う前に欲しいと思ってもらう」
            コンセプトを作り、製品やサービスを作ること
            こそが顧客の創造につながるからです。



            是非多くの人たちに参加してほしいです。


            トップが日夜脳がちぎれるくらいまで
            考えて作ろうとする姿勢がとても大切です。

            トップが、製品コンセプトを理解すると
            飛躍的に業績が上向きます。

            どんな人たちも欲しがる製品を扱えることが成功の秘訣です。

            今日もビジョンに生きる
            TAIRA OSAMU







             
            | - | 04:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |